2015/08/17

第19回バドミントン交流大会報告

第19回バドミントン交流大会報告 試合風景

8月9日(日)恒例のバドミントン交流大会を富久小学校の体育館で開催しました。
この交流大会は、チャレスポの会員だけでなく、小学生から高齢者までバドミントン愛好者の交流を深めること、大会に出たことのない人でも楽しめる大会を目的として行っています。
前日まで、猛暑が続いて心配でしたが、、小学生から一般まで約45名の参加がありました。

<小学生の部>

第19回バドミントン交流大会報告 小学生の部

ラダー競争と個人シングルス戦です。
3年生から6年生の男女7名でハンディはあるものの全員で争いました。
個人シングルスは、大人と同じルールでした。
白熱した試合の結果、優勝は市川真帆さん、準優勝は星野哲也君でした。

<中学生の部>

第19回バドミントン交流大会報告 中学生の部

男子、女子それぞれで、シングルス、ダブルスを戦いました。
結果は、優勝は高村理紗子さん、準優勝が藤野りささんでした。
この大会は、「試合で自らのミスを減らす」という目的から 勝ち負けより、得失点差を重視した順位決定としている為、男子vs女子の試合はなかったものの、失点の多かった男子は上位に入れませんでした。

<高校生の部>

第19回バドミントン交流大会報告 高校生の部・一般の部

シングルスは男女別、ダブルスは全員で行いましたが、やはり得失点差による順位決定で、優勝は東覚瑠菜さん、準優勝は猪又みなみさんでした。

<一般の部>

一般の部は マイナーリーグ(中級)と、2Aリーグ(初級)があり、ダブルス戦で戦いました。
各ペア4試合をして19時にはさすがにみなさんヘトヘト。しかし熱中症になることもなく全試合を消化できました。
その結果 マイナーリーグ優勝は今村としきさん・高橋周さんペア、2Aリーグは大勝由香さん・市川桂子さんペアとなりました。
なお大勝・市川ペアえはお母さんに変わり、小学生の市川真帆さんが大活躍という一幕もありました。

参加者の方々から、
「この大会には、初参加でしたが、思っていたより和気あいあいとした大会でした。」
「区の大会では自分の試合より、審判で緊張してしまうにですが、この大会は気楽(?)で、審判の練習もできました。」
という コメントをいただきました。

次回は 20回目となる節目の大会です。
初めての方、会員でない方も、楽しめますので、ぜひご参加ください。

新宿チャレスポ

新宿チャレンジスポーツ文化クラブ(通称:新宿チャレスポ)では、誰もが行きたいスポーツ・文化活動を自由に選択できるとともに、各種のイベントなどいろいろな形で楽しむことができます。内輪で楽しむ「私益」ではなく、地域住民に開かれた「公益」を目指しています。 総合型地域スポーツクラブの主役は「地域」の住民の皆さんです。「地域」の皆さんが育み、発展させていくのが総合型地域スポーツクラブ、すなわち「新宿チャレスポ」です。 友達・会社の同僚などを誘って、どんどんご参加ください。